大磯ロングビーチ2022

  1. 大磯その他施設
  2. 269 view

大磯ロングビーチバス便

大磯ロングビーチに行くには、大磯駅から二宮行のバスに乗り、ここで注意です。
大磯プリンスホテル前のバス停ではなく、一つ手前の中丸という停留場で降りてください。ロングビーチにはここから歩いた方が早いです。

大磯ロングビーチバス中丸
大磯ロングビーチ中丸バス停

大磯駅から大磯ロングビーチ行の臨時バスが出ています。

大磯ロングビーチバス乗り場
大磯ロングビーチバス停
大磯ロングビーチバス乗り場
大磯ロングビーチバス時刻表

大磯ロングビーチオープンです。

大磯ロングビーチ看板
大磯ロングビーチ2022
大磯ロングビーチ2022入り口

大磯ロングビーチ2022都心から近く、青い空に白い雲、遠くに水平線が、ゆっくりのんびりご家族で一日楽しめます。

大磯ロングビーチオープンに向けて着々と準備が進んでいるようです。昨年は入場制限、その前の年は宿泊客だけでしたが今年は制限がありません。

久々に大磯ロングビーチ楽しめそうです。

大磯ロングビーチ開園

大磯ロングビーチ2022開園

2022大磯ロングビーチは7月9日(土)から9月11日(日)まで営業です。
営業時間:09:00~17:00

大磯ロングビーチ09:00オープン


但し7月9日(土)~7月15日(金)
9月5日(月)~11日(日)
営業時間:10:00~17:00

大磯ロングビーチオープン

入場料金一般のお客さま

おとな中・高校生小学生
シニア(65才以上)
幼児
(3
才〜未就学児童)
1日券¥4,200¥2,800¥2,200¥1,000(7月は無料)
2時から割引券(2:00P.M.~営業終了)¥2,500¥1,800¥1,200¥600(7月は無料)

宿泊のお客様は半額になります。幼児は無料になります。

大磯ロングビーチプール

大磯ロングビーチ2022のプール

全長1kmの巨大なプールで楽しさ無限大小さなお子様からご家族皆様一日楽しんでください。

大磯ロングビーチ流れるプール

流れるプール
1週約500mの流れるプール一周するのに約15分くらいかかります。流れはゆっくりですので浮き輪などに乗ってぷかぷかと流れを楽しんでください。

大磯ロングビーチウォタースライダー

2種類のウォータースライダー
全長約140mのコースを滑り落ちます。大磯ロングビーチの人気ナンバーワン、コースはA・Bの2種類ありAコースは左右に大きく揺れますBコースはトンネル部分が長く先の見えないのがスリルです。
うれしいですね。ウォータースライダーの別料金はかかりませんので両方のコース楽しんでください。。

大磯ロングビーチ波のプール

まるで海のような波のプール
約200mにわたり広がる渚に波が打ち寄せてきます。お子様ゾーンエリアは水深60cmお子様も安心して遊べます。

大磯ロングビーチダイビングプール

ダイビングプールでチャレンジも
高い飛び込み台があります。一番高いところで10mその他1m・3m・5mがあります。どこかの飛び込み台から挑戦してみてください。

幼児のお子様でも楽しめるプールが充実

大きな滑り台のキッズウォータパラダイス
「びっくりバケツ」と大きな水鉄砲「ウォーターシューター」それにゆるい傾斜が付いた水の流れる「大滑り台」があります。

水深30cmのプール
お子様が思い切り安心して遊べます。
さらに7月は幼児料金が無料になります。

大磯ロングビーチまとめ

大磯ロングビーチのまとめ

都心より近いのがなにより、特にコロナ過では移動時間の少ないのが一番です。相模湾がすぐ近くに見えてまるで外国に来たみたいな感じになります。大磯ロングビーチは日帰りでも利用できますしホテルに泊まって2日間たっぷりと楽しむこともできます。海を眺めながらのんびりリゾート気分味わってください。

大磯落語茶屋
大磯落語茶屋

大磯ロングビーチ2022食事

大磯ロングビーチに入場する前にワンコインで朝食が食べられるお店です。
朝7時からオープンです。
朝定食(和・洋)550円
朝そば730円
大磯ロングビーチから5分駐車場あります。
昼食に大磯ロングビーチお帰りにご利用ください。

手打蕎麦大磯落語茶屋〇直
営業時間:07:00~16:00
定休日:月曜日・火曜日・水曜日
神奈川県中郡大磯町国分新宿147-1
電話:0463-20-9036

関連記事

注連縄

大磯六所神社

令和5年六所神社初詣のご案内新年祈祷時間1月1日 午前零時~午前2時・午前7時~午後5時1月2日・3日 午前8時~午後5時 1月4日~  午前9…

  • 654 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。