最近の記事

  1. 大磯落語茶屋ぜんざいアップ
  2. 大磯プリンスホテルテニスコート
  3. 天青と夜明け前
  4. 手打蕎麦大磯落語茶屋のお花8

最近の記事

  1. 大磯落語茶屋ぜんざいアップ
  2. 大磯プリンスホテルテニスコート
  3. 天青と夜明け前
  4. 手打蕎麦大磯落語茶屋のお花8

手打蕎麦大磯落語茶屋〇直5月メニューランキング

  1. 大磯落語茶屋
  2. 234 view

手打蕎麦大磯落語茶屋〇直5月のメニューランキングは、大磯プリンスホテルに泊っている方が多く来られ、朝定食を食べていかれました。定食は和食と洋食があり、いずれもワンコイン税込550円です。

大磯落語茶屋〇直朝定食
大磯落語茶屋洋定食

大磯プリンスホテルで、朝食たべ損ねた方が手打蕎麦大磯落語茶屋〇直にいらっしゃいます。
定食のほかに、朝蕎麦食べていく方もいらっしゃいます。

大磯落語茶屋〇直珈琲

大磯プリンスホテルに泊られているお客様が多くいらっしゃいます。感謝です。
最近は、チェックイン前に車だけおいて来られて一杯やっていかれる方も増えてきています。

手打蕎麦大磯落語茶屋〇直4月メニューランキング

4月の一位は、本日のおまかせでした。
サークルで、お友達同士で飲み会にと、集まる回数が増えてきました。何人かで来られた時は本日のおまかせが多いです。

お蕎麦と混ぜご飯・小鉢
食後にケーキセットでゆっくりとごくつろぎください。
(1,980円税込)

本日のおまかせ

手打蕎麦大磯落語茶屋〇直3月メニューランキング

断トツで大磯プリンが大人気でした。
大磯プリンは昔ながらの味で、
キャラメルがちょっと苦い大人の味です。

どなたかがご紹介してくれたのでしょうか
大人気になってしまいました。感謝です。

大磯プリン


わざわざ大磯プリンだけを食べに来れれるお客様
大磯プリンをテイクアウトしてくれるお客様
大磯プリンススホテルに泊まられている
お客様が買いにこられます。

手打蕎麦大磯落語茶屋〇直2月メニューランキング

2月も、やはり温かいお蕎麦が人気でした。
2月のランキング1位は温かいなめこそばでした。
裏メニューのカレーも評判が良かったです。
評判が続けばメニューに入れます。

デザートは、お餅の2個入った手造り善哉が人気でした。
男の人からも人気です。

手打蕎麦大磯落語茶屋〇直1月メニューランキング

1月は、やはり温かいお蕎麦が人気でした。
牡蠣汁とキノコ汁蕎麦が大人気でした。
温かい汁に付けて食べるものです。

デザートは、お餅のふたつ入った手造りぜんざい(400円)が第1位でした。

大磯落語茶屋壺焼き芋
大磯落語茶屋壺焼き芋

テレビで焼き芋ブームが放映されたせいでしょうか壺焼き芋の人気がすごかったです。
テレビのタレントさんが、焼き芋でダイエットに成功したとありましたのでこれも焼き芋ブームに火を付けました。
たった1食を焼き芋に換えただけでダイエットに成功
お芋は繊維出でできていて、甘さも自然の甘さです。

まだまだ焼き芋ブームは続きそうです。
大磯落語茶屋の焼き芋は、他とは違い昔ながらの壺でじっくりと時間をかけて焼いています。

1回に10本、3時間かけて焼くことにより、密が自然と出てきます。それから時間をかけて焼き上がりを熟成させて商品にします。
これはもうお芋ではなくスイーツです。

手打蕎麦大磯落語茶屋〇直12月メニューランキング

12月の大磯落語茶屋人気メニューは、11月と同じで雪見そばでした。

雪見そば
雪見そば

デザートは、お餅のふたつ入った手造りぜんざい(400円)が第1位でした。

1月の人気メニューの予想は、新メニュー
牡蠣汁とキノコ汁蕎麦が人気になると思います。
どちらも牡蠣汁とキノコ汁の温かいつゆにお蕎麦を付けて食べるものです。1月中旬ぐらいから新メニューに加わります。どうぞお楽しみにおまちください。

手打蕎麦大磯落語茶屋〇直11月メニューランキング

大磯落語茶屋雪見そば

10月までは、ぶっかけ蕎麦が人気でしたが11月は断トツで雪見そばが大人気でした。

最初はつゆだけ絡めて食してください。
次にとろろを絡めて味わってください。
最後に玉子をかき混ぜ全体をよくかき混ぜてお召し上がりください。味変で七味唐辛子をかけてみてください。
山葵をうまく絡めるのがコツになります。

デザートは手作りのプリンが第1位でした。

おそらく12月は、おもちのふたつ入ったぜんざいが人気になると思われます。

大磯落語茶屋ぜんざい

お蕎麦は、暖かいなめこそばが人気メニューになると思います。

大磯落語茶屋なめこそば

手打蕎麦大磯落語茶屋〇直
神奈川県中郡大磯町国府新宿147-1
ご予約電話 0463-20-9036

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。